Skip to content

古くなったものをもとの状態に。今より良くする建築の知恵。

古くなったものをもとの状態に。今より良くする建築の知恵。 published on 古くなったものをもとの状態に。今より良くする建築の知恵。 へのコメントはまだありません

リフォームにリノベーションという言葉を最近よく耳にしませんか?
両方とも元ある物件(家)を改装する事を意味する言葉です。
ではこのふたつ、いったいどういう意味なのだという事をお話しします。
実はこの2つ、あまり明確な線引きはされていないのです。
それでも工事内容等に違いはありますのでそちらをお話しします。

まずは「リフォーム」からですが、こちらは古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりする「改修」を指すものとして使われます。
古くなった(老朽化した)物件を新築の様にするという感じでしょうか?
規模も大小様々で、自分で作業をしてしまうという方もいるようです。
とりわけ、少し大掛かりな日曜大工の様な作業以上のものだと思ってください。
勿論、規模が大きくなれば建替えさながらな物まで、ピンからキリまであるのも特徴です。

では「リノベーション」とは何なのでしょうか?
こちらはリフォームが「直して元の状態に戻す」のならリノベーションは「今ある物件を持ち味はそのままにさらにより良い物にする」という事をさしています。
よく聞く話なら古民家のリノベーションが有名なのではないでしょうか?
横浜リノベーションofficeによると、元ある古い家屋に新たにガス・電気・水道設備などを加えて元あるその家の良さをそのままにさらに機能設備のスペックを上げて整えた状態にするという意味がもともとも由来だそうです。。
そういった意味合いを持っています。
昔の家に便利な付加価値をつ得る事で、更によくしていくための工事と言えるでしょう。
こちらの工事は大抵が大掛かりな物になります。

どちらもただ古いから壊してしまうのではなく、更によくする為の物です。
こういった取り組みが広まるといいと思っています。

リフォーム体験 (知り合い)

リフォーム体験 (知り合い) published on リフォーム体験 (知り合い) へのコメントはまだありません

義親の知り合いの大工さんに依頼しました。
作業の様子は壊しながら、新たに施工するといった感じでした。義親はリフォームしながら別の部屋で生活していたので工事側は多少やりにくかったかもしれません。浄化槽を付けることも同時に行われたので、大工さん以外の業者さんがきて工事している日が多かったです。その間大工さんは自分の仕事をしたり、業者のを手伝っていたりしてきました。
やはりきちんと全ての事を細かく決めてから工事してもらうのが絶対にいいと思います。義親の家は70年近く経過しているので、壊してみないとわからない事もたくさんあるとは思いますが、少し離れたところに住んでいたわたし達夫婦が、休みの日に見に行くと最初の話とは違う事がたくさんありました。
大きな施工会社と比べると見積もりも図面も曖昧だったのかもしれません。工期も最初の話より三ヶ月遅れその分お金が発生するという結果になりました。

みなさんも十二分にお話ししてから取り掛かりましょう